世の中には、相手のことを考えて親切心で「忠告」する人が少なくありません。
しかし、中にはその気持ちが相手に伝わらずにただ「うざったい」「口うるさい」といった印象しか与えることができない人もいます。
そんな人に共通するのは、相手のことを思うがために「率直」な意見を口にしてしまうという点です。
率直的な言い方は、相手にその意見を煙たく思わせてしまいがちです。
せっかく親切に相手のことを思って言ったのに迷惑に思われたのではその人もかわいそうですし、また言われた人も不愉快な気持ちになるだけでお互いに不幸だといえます。
この問題は、コミュニケーションの悪さが原因です。
しっかりコミュニケーションができれば、自分の考えや意見は相手に伝わるはずです。
コミュニケーションがうまく取れていないから、このような考え方や意見の食い違いが生じるのです。
この場合のコミュニケーションの悪さは、「批判」がポイントです。
それを口にした本人は批判をしているつもりはなくても、相手にすれば自分が批判されていると受け取ってしまえば気分はよくありませんよね。
だからこそ、お互いが相手が何を言いたいのか、どう感じているのかを認識する必要があるのです。
相手がどう感じているのかがわかれば、お互いの考え方の相違が少なくなることでしょう。
また、忠告する人は自分の考え方が全く正しいと思い込んでいる節が見受けられる傾向があります。
もちろん自分の考え方に自信がなければ人に忠告などできるはずがないのはわかりますが、上から目線などで話をすると相手は反発心を強めてしまうことでしょう。